2016/11/30

好ましい行動を、タイミングよくほめる

今日のスマイル、写真が全然撮れていません(泣)・゚・(つД`)・゚・


『ほめる』といっても、言葉でほめることだけではありません。

態度で表すこと、ほめ言葉以外で関心を示すこと


『肯定的な注目』ともいいます。



今日のテーマを“何故、好ましい行動を、タイミングほめる”にしたのかですが、

普段、子どもたちを受け入れている中で、

今日は上手くいった、上手くいかなかったと振り返り、反省や喜びの連続なんですよね。



☆日頃から、ほめてあげたい時☆

少しオーバーなぐらい、「すご~い!!」と大きな声で言ってみたり(笑)


目をおおき~く開いて、口を大きく開いて、「すご~い!!」って言ってみたりします。

(ふざけてる訳ではありませんよ)



非言語コミュニケーションとかと言われたりしますが、

鼻と口を手で隠しても、怒っている・悲しんでいる・喜んでいる(機嫌が良いよ)というようなことを

使い分けたりします。


子どもたちは、声や視覚的に入ってくる表情という情報で、理解をしたりもします。


大きな声で怒らないと伝わらない・・・(これは、少し考え方を改めることができるとチャンスかもしれません)


※子どもによって、ほめ方は違います


子どもたちは、一人ひとり性格も感じ方も違うため、どんなほめ言葉や仕草なのか、さまざまな場面で試してみるのも

良いかもしれませんね。



今日は『肯定的な注目』について、もう少し説明ができればと思うのですが、

肯定的な注目という言葉があるように、否定的な注目というのもあります。


子どもががんばっていることを探して、ほめる!それが『注目』になります。


否定的な注目・・・叱る、怒る、避難する、問いただすなど。

子どもを注意するときにおこなうこと
否定的な注目

ほめる、喜ぶ、子どもに感謝する、笑顔を見せるなど子どもの行動を受け入れて、肯定するときにおこなうこと
肯定的な注目




良いところを注目し、好ましくないことには注目しない、

簡単に言うとそういうことになるのですが、


好ましくないことに注目してしまうことで、余計に好ましくない行動を強めるという場合があります。




それは良いことなんだよ(* ´ ▽ ` *)

っていうことを伝えたいときには、色々なほめるバリエーションを持っていると良いですね♪




high_touch_boys.png
スポンサーサイト
2016/11/29

一緒にあそぼ~

☆今日のスマイル☆

お友だちと一緒にあそぶこと、とても良いことですね!!


「ぼくも~!」

「わたしも~!」


「いっしょに、あそぼ~!」

「みんな、あつまれ~~!!」


お兄ちゃんから小さい子まで、スマイルの子どもたちは仲良し♪



個別もみんな終わってからの時間

時計は16:00すぎ



各々、テレビを観たり、お絵かきしたり、ブロックであそんだり、

また、スタッフと追いかけっこや鬼ごっこ、トランプなど×2をしていますヾ(o´∀`o)ノ



だから、個別の時間も集団の時間も、子どもたちはがんばって取り組めるのかな♪



今日は『手首の使い方』

これ、大きいものから小さいものへと取り組みを変えていくのですが、

手首を使うことから、指先を使えるようにというねらいがあるのです。


説明すると、すごく長くなってしまうので、今日は省略したいと思いますが、

子どもたちみんな少しずつですが成長を感じる一日でした!

IMG_8338_convert_20161129200028.png



2016/11/29

過去~現在~未来

晴れていても寒い日々が続いていますね・・・

体調を崩されないようくれぐれもお気をつけ下さい。


12月まで残すところ、あと1日

早いですねー。年々、早くなってきている気がします(歳とともに)


やり残したことはないだろうか?来年の準備は?と、色々と考えることが多い毎日です(悲)



来年中には、もう一事業所を開所できないかと模索しています。

その理由は、Smile Linkあびこもおかげさまで多くの利用者様が通っていただけるようになり、

そろそろ新規の受け入れも出来なくなってきている状況です。


現在、2歳~8歳までの子どもたちと、低年齢のお子さまが多い状況ですが、

今の、未就学児のお子さまもいずれ就学していきます。


児童発達支援や放課後等デイサービスは、どこの事業所も初めは入口を大きく、

18歳までの子どもたちが通えるようにと、児童発達・放課後等デイサービス両方の認可を取り、

運営されているところがほとんどです。(理由は書かなくてもご理解いただけると思います。)


しかしながら、就学すると環境は大きく変化し、又現在小学生の子どもたちも学年があがっていき、

毎年、子どもたちにとっては変化に対応していくのも、とても大変なことなんです。


楽しいところであり、大好きな場所、そして居心地の良い安心できる場所であることは言うまでもなく大前提の話です。



平成27年7月にSmile Linkあびこを開所し、1年が過ぎ、2年目と突入している当事業所ではありますが、

来年には就学を控えている子どもや、環境が変わる子どもたちも何名かおられます。



今の福祉を変えるべく、+@のしくみづくりを目標にしてる法人としましては、

次なる新たな場所を作ることも視野に入れ、必要とされるサービスの質を高めていくべき、

準備を進めていければと考えています。



※新事業所の開所はまだまだ未定です


急いで作ればよいというものでもありません。


まず、どういった方針のどういった特徴がある事業所にするのか?

対象のお子さまの年齢は?

送迎の有無?

なによりもニーズはどのようなものか?


これらを今後、十分に検討していかなければいけません。



『教育』と『療育』の違いは?なんてことも、今一度考えなおす私たちにとって大切な時期とも考えています。



LITALICOはご存じですか?

LITALICO発達ナビや、LITALICOジュニア、LITALICワークス、LITALICOワンダーなどを運営されていますが、

ご存じの方もおられるように、疑問に答えるコーナーや、コラムなど、とても充実した内容になったポータブルサイトを

運営されています。


そうしたLITALICOさんの取り組みも色々なカタチの一つとして、とても参考にさせて頂いています。


まだまだ、足りないことが今の福祉には多くあり、又新しく取り組んでいきにくいところも多々あります。




当事業所でも、子どもたちを迎えている毎日の中で、

さまざまな出来事があります。

・こうすれば出来る!

・こういう声掛けをしてあげると先の見通しが立てられる

・こんなことができた!

・こんなことががんばれた!

と、色々。



保護者の方にお伝えできる関わり方や工夫の仕方など、数えれないほどの事柄で盛りだくさんです。


発信していけることがまだまだある

努力していかなければいけないことも、まだまだ沢山

ただ、預かるだけの場所はいらない


そんなことを考えることがあります。


今もなお、お家で上手な関わり方や促し方がわからない保護者の方もおられることと思います。

将来が不安で仕方がない保護者の方もおられると思います。

学校にもっとこういう風に対応してほしい(もちろん、事業所にも色々と要望したいことがある)


そんな色んな声をカタチにしていかなければならない と考えます。


私ども事業所側が言うのもへんな話ですが、

事業所をより良くしていくためには、これからの児童発達支援・放課後等デイサービス事業所には、

より厳しくチェックして頂くことも大切と考えます。



このブログにおきましては、事業所側が今、なにを考えているのか?

事業所の様子をオープンにすることで閉鎖的な部分を少しずつ解消

スマートフォンの普及に伴い、事業所からの情報発信はとても大切と考えている観点から、

今の情報社会に寄与することが目的でもあります。



今日は、法人のこれからについて、ちょっとだけつぶやいてみました。

拙い文章ではありますが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。






2016/11/28

認知

今日も子どもたちは元気に帰っていきました!


がしかし、ちょっと微熱がある子がチラホラ(子どもたちみんな元気いっぱいで、何故か汗をかいている子も)

私が一番汗をかいていたかもしれませんが:(´◦ω◦`):



寒さも厳しくなってきていますし、体調を崩さないようくれぐれも気を付けてくださいね!



さて、Smile Linkでは日頃より、

ことばをつかう

さわる

手先をつかう

見る

見立てる

全身をつかう

聴く

を大切に個別、集団療育をおこなっています。




認知面においては、思いつく限り挙げてみても、下記の通りたくさんあります。

色、形、大、小、すうじ(数)、多い少ない、

そして、空間認知、比較(~より大きい、~より多い、~より長い、~より短い)、

ひらがな、順序、時間、季節、月、曜日、お金etc



今日の個別療育は『色(いろ)』について取り組みました。

小学生の個別療育は、あらためて『あいさつ』について取り組みました。



個別の療育については取り組み方もさまざま

個々の能力、これから練習したい観点から取り組み方を考えます。

IMG_8325_convert_20161128191243.jpg


色の取り組みをしていたら、『やさい』・『くだもの』と仲間分けをはじめたり、かずを数えたり、

今日も楽しく取り組んでいました((∩^Д^∩))


IMG_8327_convert_20161128191318.jpg



そして、今日はお散歩に出かけました♪

微熱がある子や咳をしている子はごめんね(泣) 。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。

お留守番をすることになってしまいましたが、また次いこうね!!




最近、スマイルでは年上のお兄ちゃんが年下の子たちを誘って、鬼ごっこやだるまさんが転んだなどをして

仲良くあそんでいます☆

i12-90-02.png


ルールのある遊びが苦手な子が多いですが、とても良い経験ですね♪



スマイルでは今後、小学生の集団活動で年下の子と一緒に遊んであげる?

そんな時間が作れたら・・・



そんなことを模索中です。



*************研修会への参加を予定しています**************

6日は、権利擁護研修2日目

8日は、ABA研修


など×2、予定が目白押し!


8日の研修は当スタッフも2名参加予定をしています。

出席を予定しています保護者様においては、少し早めに行かれることをおすすめします!

席の方、しっかり確保してくださいね☆



参加した研修については、職員会議でも報告&勉強会をおこない、全スタッフへの周知をおこなっています。



児童発達支援・放課後等デイサービスにおいては、多種多様さまざまな特色の事業所が増えてきておりますが、

これからもサービスの質を上げていくべく、取り組んでいきます。


そして、専門知識はもちろんのこと、援助技術まで、利用者様に安心・信頼を得れるよう、スタッフ一同努力してまいります。


また、どうか一緒に子どもたちの成長について、保護者の皆さま、関係機関の皆さまとも連携を図っていければと思います。
連携は不可欠です。

事業所だけで取り組みをしても、学校だけの取り組みでも、

お家だけで色々と取り組んでも意味がありません。


(卒中、同じことばかり言っているのですが・・・)



さまざまな関係者と連携を図れる“しくみづくり”こそ、今後の課題と思っています。



そして、事業所におきましては、どうぞ、厳しいチェックの上、今後ともご指導・ご鞭撻を頂ければ幸いです。



本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。




















2016/11/26

身体認知

今日は身体認知についての療育に取り組みました。

その前に昨日の様子も含めた写真をどうぞ~

IMG_8299_convert_20161126181252.jpg

個別療育では、各々に設定された療育をおこなっています。

利用毎の過ごし方(流れ)が定着しているため、スマイルの子どもたちは全員、個別療育の時間は個別スペースに移動して、
療育に取り組むことができます!!

すごいことです!!


IMG_8297_convert_20161126181347.jpg


おや?こげパンマン?!(そんなことを言ったら怒られますが)


みんな大好き!

勇気100倍!アンパンマン!

unnamed.png

のお力を借りて、身体認知についての療育に取り組みました。


とても上手に顔のパーツを認識し、完成させていました☆

パーツをすべてテーブルに並べて一つひとつ組み合わせていく子

鼻など、大きなパーツから組み立てていく子など、さまざまですが、ここから『頭足人間』へと成長していくんですよね!

それが、また感動!!


IMG_8301_convert_20161126181419.png


1週間、あっという間に経っていきますね。

週末のご予定はお決まりですか?



そろそろ、クリスマスプレゼントも買いにいかないと~・・・
と、何をプレゼントしようか悩んでいる・・・

っていう方もおられるんですかね?



あまりわからないのですが、人気のオモチャはすぐに売り切れてしまったりするんでしょうかね?



さて、11月も残すところ4日

Smile Linkでは12月の決定通知を利用時に随時、お渡しさせて頂いていっています。


そして、12月に入りますと、またすぐに来年1月の利用希望予約と、次から次へとありますが、

どうぞ宜しくお願い申し上げます。




2016/11/26

ありのままの子どもを受け入れましょう

気になる行動も長所もまるごと受け入れる

『気になる行動』が目立つ子は、周りに時に敬遠されがちです。

でも、私たちは
『気になる行動』には必ず理由があると思っています。


問題行動、問題行動・・・と、そうした視点でしか着目しない一部の風潮に

Twitter-no-nons-for-internet-marketers.jpg


『NO!』と、宣言をします!



見方をかえれば、

『落ち着きのなさ』『元気さ』

『自己主張の強さ』『自分らしさ』と受け止めることもできます。

また、 『ハキハキ話せる』『あいさつができる』についても『あたりまえ』と見過ごさず、

長所として意識できたらいいですね。


発達障がいのある子は、居心地の悪さや劣等感を感じていることが多いことも。

『自分を受け入れてくれた』と感じてくれるよう接することができれば、自己肯定感が育むきっかけになると思います。


視点をかえることも、大切ですね(^∇^)ノ


法人の理念でもあります『答えは一つじゃない』

大切にしたい永遠のテーマですが、
“利用者支援の価値”=利用者支援において最も大切にする考え

深いな~


いつも子どもたちと関わるうえで大切にしていることがあります。

それは、

『 共感 』することです。


子どもたちと一緒の目線になり、そのあそびの輪に入ってみると、

意外と知らなった色々なことに気付けることがあります。


一生懸命に遊べば、子どもと同じように喜びやくやしいを感じることができると思います。

『共感を示す』ことが、とても大切なポイントだと考えます。


注目してもらえる、賞賛を得ることが心とからだの成長に繋がってきます(^-^)/


失敗しても『がんばった』ことを褒めてあげれたらいいですね!



さて、今日もSmile Linkでは、

個別療育に集団療育と色々と取り組む予定ですヾ(o´∀`o)ノ


寒さも厳しくなってきましたが、くれぐれも体調を崩さぬよう、

元気な週末を迎えましょうね♪



2016/11/25

遊びは覚えるものではなくつくり出していくもの

先日、スタッフ全員に共有した事柄

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

~あそびを通して感覚を育てていくためには、
子どもがどのように感じるのかを理解することが第一歩~


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




☆こうするべき!この玩具はこうやって遊ぶものと思い込まない

☆一緒に楽しむ

☆あそびを訓練しない





11004086615_convert_20161125094601.jpg




■あそびは教えるものではなく、子どもが楽しんでいることを『あそび』と捉えてみる

■子どもが遊びを楽しんでいたら、『何が楽しいのか』、『どのように感じているのか』を考えてみる。共有することで子どもの喜びや達成感がより大きくなる

■あそびの目的は『楽しくあそぶ』、『また、あそびたい』と思うこと




否定から入るのではなく、肯定することの大切さをあらためて感じました\(^o^)/


仕事の中で意識できれば良いですね♪


って、こんなことをスタッフで話していました。


ついつい・・・って思うところはありませんか?



今日もすごく冷えますね。
(東京では雪が積もったらしいですね。大阪でもいつ雪が降るかわかりませんね。)

子どもたちは喜ぶんでしょうけど(´∀`*;)ゞ



体調を崩さないよう、お気を付け下さい。



2016/11/25

障がい者虐待防止・権利擁護研修

昨日、障がい者虐待防止・権利擁護研修に行ってきました。

場所はここ
国際障がい者交流センタービッグ・アイ

○権利擁護

○虐待防止・対応の状況

○当事者家族の思い

○虐待防止法の理解

○虐待防止体制の整備

これからについて、研修を受けてきました。

2日間あるので、また来月に研修を受けてくる予定をしています。来月は演習(うわードキドキ。。)



057_convert_20161125092244.png




この研修、任意なので絶対に出席しなければいけないものではないのですが、

『人権尊重』・最近よく耳にする『合理的配慮』・『利用者主体』・肯定的人間観』・『チームアプローチ』・『専門性』について、もう一度原点に立ち戻り、一から私も含めた社内研修をしっかりとおこない、チームスマイルとして成長していかなければ・・という思いで受講してきました。

そして、事業所に持ち帰り、すぐ実践!!

できることから、着々と取り組み、より良くしていけるよう前に進んでいけたらと思っています。


Smile Linkでは毎月職員会議という形で研修、業務改善、ケースについての話し合い等々、行っていますが、

より一層、社内のOJTのしくみ作りについても同時におこなっていかなければならないと考えています。


・職員の働きやすい環境づくり
・職員の置かれている状況把握
・職員のサポート


先生と呼ばれている職員がころころ変わってしまうというのは、利用者様にとっても不安を煽ることになります。

福祉の仕事のイメージ・・・

あまりよくない意見も時々耳にします(ノ_<)


しかし、離職者の理由とは意外なところにあることが、昨日の研修で知ることができました。

(離職理由)
第1位・・・事業所の理念や運営の在り方に不満

理念が行動とともなっていない、営利第一主義、もっともっと書きたいことはありますが控えておきます。

第2位・・・職場の人間関係に問題があった

これもあるあるですね。どこの職場であってもある話なのかもしれませんが、風通しが悪い職場は職員のやる気を下げます。

第3位・・・他によい仕事・職場があった


と、これらの上位3つの理由をみても、私自身はなるほどと思いました。


いまいちど、自身の事業所運営は大丈夫なのか?しっかり振り返り、今年も残すところ1か月と少しになりましたが、

チームスマイルはサービスの質を高めるべく、一歩一歩大切に、成長していけるよう取り組んでいきたいと思います。


法人としましては、今後についてパンフレットでも謳っていますが

○親子交流会の実施
・保護者同士の交流の場を増やし、情報交換や相互勉強会などを行える機会をつくっていく

○他施設交流
・他の施設・事業所との交流を深め、勉強会の実施や職員交流の機会をつくり、支援の質の向上に努めるしくみ作り、
子どもたち同士の交流を深める合同イベントの企画、実施をめざしていく

○地域交流
・地域交流の観点から、こども同士の繋がりが途切れない交流機会を提供、地域の行事や活動に参加できる環境づくりに
努めていく

○地域・社会貢献
・必要とされるサービスの構築に取り組み、幸福の実現に努めていく


これらに取り組んでいきます。


冒頭、ビッグアイの紹介をしましたが、目と鼻の先にこんな施設がありますよ。

ご存じでない方、行かれたことがない方はぜひ一度あそびに行ってみてはいかがでしょうか?

大阪府立大型児童館ビッグバン


結構、楽しめます!

さまざまなイベントも開催しています!

2016/11/23

今年2回目!おとのわっ♪~音楽療法~親子セッション

本日、Smile Linkあびこでは音楽療法を実施しました!

今年、最後の“親子参加型の音楽療法”


5組のお父様、お母様、お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました!!


1回目の親子セッション時と違い、今回は未就学のお子さまが多く、また違う雰囲気の音楽療法でした。




保護者の皆さまにおかれましては、

お子さまお1人おひとりが、ひとつのことができると自然と拍手を送って下さり、そして笑顔で応えてくださっていて、

子どもたち全員、すごく嬉しそうにしていたのが印象的でした♪


賞賛されることを嫌がる子はいませんよね\(^o^)/


IMG_5373_convert_20161123133156.jpg


スモールステップを積み重ね


○仲間意識を育てる

○コミュニケーション力を育てる

○ことばの発達を促す

○全員で1つの音楽を作り上げて、達成感を得る



今年は残すところ、あと1回

おとのわっ♪~音楽療法~はこれらを長期目標にし、取り組んでいきます(^-^)/


IMG_8246_convert_20161123133937.jpg



Smile Linkでは、さまざまな活動を通して

心身ともに成長を促していきます



※次回、おとのわっ♪~音楽療法~は、
12月19日(月)16:15~になります。(子どもたちのみ)

普段17:00頃のお迎え時間の方は、お手数ですが17:30頃のお迎えにご協力ください。
(抽選で外れてしまった方は、次回優先させて頂きます。)



Tくん・・・力加減を調整できましたね!GOOD!きちんと決める時にバシッと決めれてかっこよかったよ!
Oさん・・・女の子ひとりでの参加でしたが、ダンスとっても上手でした!!
Sくん・・・おうまはみんなでは、上手にゴムレーンを持ってたか~い、ひく~いできましたね!
Uくん・・・はじめは音楽が苦手かなーと心配しましたが、大好きになりましたね!笑顔で楽器も鳴らせてすごかったです!
Oくん・・・ゴムレーンを使った電車ごっこ、発声を目的にした声だそうなど、とても上手にできましたね!


最後は、みんなで集合写真!ハイ!チーズ!

IMG_8248_convert_20161123134018.png
2016/11/22

気になる行動には理由があります

気になる行動を繰り返す場合、

心配だからこそ!しかったりやめるように強く制止してしまいがちです。

しかし、しかる前にその行動の理由を考えてみることが大切になってきます。


普通に考えたら・・・

○歳にもなって・・・

○年生にもなって・・・


それは、こちらの勝手な決めつけになっていることも少なくありません。


きちんと座ってられない=だらしない

と決めつけずに行動を よ~く観察してみるとよいかもしれません。


わがまま、性格などのせいと決めつけないように気を付けましょう。



間違った対応をしてしまうと・・
余計に行動がエスカレートしたりすることがあります。



少し、参考になればと思うのですが



だれにも迷惑をかけていなければ、良しとする



そんな考え方も方法の一つとご理解いただけたら幸いです。


掘り下げると、なかなか答えがでないことも多々あるのですが・・・



さて、今日のSmile Link

明日の音楽療法に向けてといってではないのですが、

あつまれのわっ♪(集団療育)の時間にゴムレーンを使った電車ごっこをしました。

excursion_m06.png


みんな先頭を順番に交代しながら(何回したかな?)

そして木口せんせいのピアノに合わせて、「ポッポー!!」

大盛り上がりでした!!


個別療育では、空間認知についての取り組みで4ピース、6ピースのパズルに取り組みました。

6ピースでは難しかった子も4ピースだったら出来た!!そんな発見のあった1日でした♪


からだのパーツがどのようにつながっていて、顔のパーツがどのように構成されているのかなど、

今日も個別療育、全員がんばりましたね(^-^)/

IMG_8195_convert_20161122193940.jpg





明日は・・・

おとのわっ♪~音楽療法~親子セッションです!!

10時半からはじまりますよ~~!!!

10時から登園可能ですので、遅れないよう元気よく登園してきてくださいね( ̄^ ̄)ゞ


そして、12時にはご家族そろっての降園になります。

ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します☆