タブレットを用いての取り組み

本日はスマイルでは初めて、タブレット(I Pad)を用いての取り組みを試みました。

現在、教育現場でも一部、タブレットを配布したりとした動きがあったり、先般言われる合理的配慮という点では、

タブレットを使った取り組みは、さまざまな現場で試行されていたりしますね。


lgi01a201307100000.jpg


早速、子どもたちの反応としては、

「する~!」、「ゲーム~する~!」といった声が聞け、いつもよりやる気満々(´∀`*;)ゞ


今日1日、タブレットを用いた取り組みをしてみての感想ですが、

たまには良いかもしれませんというのが本日、終礼であがった意見でした。


例えば、今日はえんぴつ等をつかった取り組みを強く拒んだetc

そんな時には、臨機応変にタブレットを用いた取り組みを考えてもいいのかもしれません。


今日は、認知の取り組みで、シルエットとイラストをマッチングするといったことや、

かずを数える取り組みとして、使いやすそうなアプリを選び、おこなってみました。

正解すると「ピンポーン♪」と鳴るのも、また嬉しい・楽しいみたいですね(#^.^#)


そんなタブレットをつかった個別の様子、あつまれ~のわっ!での模倣活動の様子をご覧ください☆

IMG_3548.jpg



今日は、タブレットをつかった取り組みを試みときながら言うのもなんですが、

便利だけれど、個人的にはどこか・・・

宜しければ、アンケートにご協力ください。









そして、今日はオリエンタルベーカリーのパンの日

“ クリームパン ”がでました!


パンはあまり好きじゃないみたいという子も、とても美味しそうに食べていました(*^_^*)







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

タブレットに慣らさせるという意味だとまだ早い(いつでも習得できそうなので)
と思いました。
でもたまにはというのなら良さそうな気もします。
小学生の子供とうちみたいな幼児だと意見は違うと思いますが…。
知育アプリwaoっちですよね?
わたしも同じのスマホに入れてたまに使ってます。
子供はとても喜びます(o^^o)
使う時はは1人でさせるのではなく一緒にと心がけてます。

Re: あらきさん

貴重なご意見ありがとうございます。アプリには色々ありますが、ダメでもないし良いとも断言できるものでもないと思います。“使うときは1人でさせるのではなく一緒に”とても大切なことだと、同感です☆