どんな気持ち?本読み・感想文

~今日のスマイル、1日のふりかえり~

まずは、集団療育(幼児さん→どんなきもち?、小学生→本読み・感想文)について

IMG_4438.png

オリジナルの教材として、SST(ソーシャルスキル・トレーニング)

自己認知スキルについて、幼児さんは取り組みました。


「どんなきもち?」

不快な状況を「いや」「かなしい」「おこる」のどれにするかは、感じ方に個人差があるので正解はありません。

その気持ちを上手に言語化できるよう練習しました。

○ うれしい

○ かなしい

○ いやだなー

○ おこる

さまざまなイラストや場面を見て、みんなで考えました!

(タブレットで便利なアプリをつかうだけではなく、ITをつかってオリジナル教材を作成するのも良いと感じました。)


うれしい表情をしたイラストにおいては、画面をタッチすると花火があがるんです(笑)

うれしいという気持ちを、そうしたエフェクト機能をつかって伝えてあげると、よりわかりやすいのかもしれません☆


小学生においては、本読み・感想文に取り組みました。

題材は、「ぐりとぐら」

まずは、順番に本読みを段落ごとにおこない、その後はいよいよ感想文の作り方です。

だれが、なにをしたということを、本の中から探して書きました。

次に、カステラを見て、どう思ったか?文章の例を見せてそれぞれ書きました。

「おいしそうやった」、「大きかった」という感想が多かったですが、

次に、どう見えるかな?ということを問いかけ、「大きくて美味しそう」と書くことができていました。

「~は」の『は』が、『わ』になってしまう、「~を」の『を』が、『お』になってしまうという人もいました。

感想文や絵日記など、いつも書き方がワンパターンになってしまう等、

これから夏休みも控えていますので、練習を重ねていけたらと考えています。


IMG_4429.jpg



個別療育では、カタチのマッチング、ひらがな探しからの、おなまえ作り、そして物のなまえをひらがなで組み合わせて作ったり、

時計(時間を読んで、2つの時計を見比べ、何分すすんでいるか等)、

足し算(20までのくりあがりを解き、暗号になっている答えを導き出し、文章を完成させる)をしました。



そして、個別・集団の時間を終え、みんな楽しく過ごしていました☆

あそびの中では、声が大きくなってしまう、決めたルールが守れなくなってしまう、

あそびに誘う、時にあやまる(ごめんなさい)、時に感謝する(ありがとう)、

時間を意識する、片づけをする等々、

今日もおともだちとのかかわりの中で、色々な経験をした子どもたちでした。



******************************

いつもブログを読んで下さっている皆様へ

昨日はブログが更新できず、スマイルの様子のみFacebookにUPさせていただくカタチになってしまいました。

誠に、申し訳ありません。


Smile Linkあびこでは、今後とも事業所での取り組みを、直接お顔を合わせてお伝えさせて頂いたり、

連絡帳にて出来る限り、お子様の様子、取り組み内容、注目した点など、詳しくお伝えできるよう努めて参りたいと思っています。

ですが、それでも十分でないことも多々あると考えています。


ブログにおいては、様子も含め、1日の振り返りを行うとともに、利用している皆様においては、

事業所でどんな風に子どもたちが過ごしているのか、そしてスタッフがどのようなことを考えているのかを、

出来る限りオープンにしたいと考えています。


どうぞ、拙い文章ではありますが、今後ともチェックして頂けますと幸いです。


※尚、ブログにおいては大切なお知らせについてもUPいたします。



Facebookページ

Twitter


更に、利用者様のみとなりますが、LINE@の方もあわせてご確認ください(^-^)/



宜しくお願い致します☆

コメント

非公開コメント